古銭には、レプリカがあります。模造品や参考品とも呼ばれます。実際、悪意はなく参考のために模造されたものが多いのですが、騙すために作られた偽造品も少なくありません。古銭のレプリカは、基礎的知識があれば本物でないことが分かるように作られています。偽造品として作られたものは、本物と見間違うように作られています。しかし、どちらとも言えない中間的なものも多く、これら全部を古銭市場では参考品と呼ぶことが多いです。レプリカは、参考品と名乗って非常に安い値段で売買されます。そのことに何も問題はありません。
その古銭がレプリカであるかどうかを見分けるには、直径や厚みを測る、重量を測る、文字や文様を精密に調べる、製法を調べる、材質を調べる、触った感触を調べる、これらの作業によって行われます。わざと古色が付けられていることがあるので、古そうに見えても新しいものもあります。真贋不明と名乗っているものであれば、多分レプリカです。本物であり非常に高価であるものなら、鑑定書が付いているはずです。
小判や大判には、レプリカが多いです。精巧なものから粗雑なものまで多種多様です。小判より安い二分判金や一分判金のようなものにも、レプリカがあります。小判や大判よりも二分判金や一分判金の方が、真贋の鑑定が難しいことがあります。いずれにせよ、粗雑なレプリカは参考にならず、精巧なレプリカは騙されますので、付き合い方が難しいのも事実です。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2015/1229/745449.htm

  • Author: admin
  • Category: 古銭

小学生の頃に父に、この古銭を見てみな。そう言われたので見てみると、昭和26年の10円でギザギザがついていました。これをやるよ、集めるともしかしたら高値で売却できるかもな。私はその日から、古銭に興味を持ち集め始めました。
昭和64年に平成となり、こういう噂が聞こえてきました。昭和64年の小銭は、すぐに平成となったため出回っている量が少ないので、売却すればいい値段になるかもしれない。興味深いのでこちらも集めることにしました。
20歳になる頃には古銭が結構集まっていました。古い珍しい形の五円、ギザギザの10円、昭和64年の小銭達。ところが、ある疑問が頭の中に浮かびました。売却しようにもどこに買い取ってくれる店があるんだろう。当時はインターネットが普及する15年前で、情報入手は本屋の珍しそうな本で探すしか手はありませんでした。私の住む所が田舎だったのも大きな要因です。
やがて、インターネットが普及していきました。古銭を売却できる店もネットで知り、その店へ出向いてみて私の持っている古銭を見てもらいました。その結果は、どれも使用済みなため買取りできませんと言われました。
鑑定してもらえるまで長い時間がかかりましたが、このような結果となりました。薄々ですが、価値はないかもしれないと思っていたので後悔はしていません。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3509003.html

  • Author: admin
  • Category: 古銭

古銭を買いたい人は、オークションサイトも見ると意外に良い商品が見つかってくることも多いです。人気オークションサイトの場合は、利用客も多いため出品者も多く、中には貴重な古銭も出品されていることもあります。お店で探しても見つからない時に、オークションサイトを使ったら案外見つかってくるケースも珍しくありません。

参考:ヤフオクで出ている古銭はなぜ

また、古銭オークションは珍しい商品でないものは、本当に格安で出品されているので、これから古銭コレクターとしてスタートしたビギナーの方にも最適です。最初は価値の低い古銭から徐々にコレクションしていき、それなりに目が利くようになって来たらもっと高い貴重な古銭に手を出すのも良いでしょう。

そしてもうひとつ古銭オークションはメリットがあります。それは要らなくなった商品を自身で出品することも可能ということです。色々とオークションサイトで落札していると、中には興味が無くなってしまったものや全く同じ古銭がだぶつくこともあります。そんな時には持っていても意味が無いので、オークションサイトを使ってお金に変えて、また新しい古銭を買う資金作りにすることも可能です。素人からプロのコレクターの方まで、オークションサイトは利用価値があります。

  • Author: admin
  • Category: 古銭

古銭というのは、意外と販売イベントをやっています。つまり、骨董市のようなところであり、これが古銭に特化している、というわけです。これはとてもよいことであり、上手くすれば非常にお得な物を購入することができるようになる可能性があります。但し、イベントとしては入場料が必要であったり、求める古銭が見つかるとは限らない、という場合も多いですから、実はそんなにすべてにおいてよい、というわけではない、というのは理解しておくべきでしょう。
古銭において、重要であるのは安いことではなく、本物である点にあります。偽物にはまったく価値がないからです。ですから、古銭のイベントに行くにしても、キチンと信用できるところから買う、というようにしておいたほうがよいでしょう。
イベントですが、それこそ、定期的にやっている場合もあります。そうしたところを定期的の覗くことが自分にとってとても大きなメリットになることがあります。つまりは、古銭のコレクションをしている場合は少しでも見る機会を増やすのが大事であるといえます。そのためにもこうしたイベントには積極的に参加するべきでしょう。何も買わなくてもしっかりと良い経験の一つなります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10128225665

  • Author: admin
  • Category: 古銭

古銭というのは、相場が大きく変わることがあります。ですから、どんなことがよいのか、というのがはっきりとわからない傾向もよくあります。プロですら、迷うことがあります。古銭のプレミアがわかりやすく一覧になっている本などがありますが、それでも市場は水物ですので、多少の変動もよくあります。古銭は投資の対象になることもありますから、非常に判断が難しいです。
古銭のプレミアの情報が載っている本やインターネットサイトがこちらに紹介されています→希少価値の高い硬貨一覧まとめ 。一覧で載っているので、これは是非とも見ておくべきでしょう。当然ながら一覧といっても、すべての古銭のプレミアの情報をがあるわけではないです。古銭の種類もかなりあるので。日本の古銭もプレミアがあります。日本の古銭は、そこまで多いわけではないので、ほぼほぼ網羅している形になります。
言うまでもなく、上記のようなところに書いてある情報がすべてその時の市場を評価に合っているのか、ということはわからないです。何故かといいますとやはり値動きはよくあるからです。ただ、どの程度のレアリティであるのか、という参考には勿論なりますので、見てみてください。

  • Author: admin
  • Category: 古銭

古銭のコレクションを「もういらないから」と知人や親せきからもらったとか、古い家を処分しようとしたら屋根裏などから古銭がどっさり見つかったとか。そんなときには、その古銭どうしましょうか。そのまま持っていても宝の持ち腐れかもしれません。

古銭というのは、いうまでもなく「お金」です。でも、今使われていないお金なんて、お金としての価値があるのか?と疑問を抱かれるかもしれません。たとえば、ちょっと昔の500円札などは、銀行などにもっていけば普通に500円として両替してくれるそうです。でも、古いお金には、額面以上の価値がある場合があります。プレミア価値ですね。古銭のコレクションを趣味とする方は、希少価値の高い古銭を求めています。あなたにとってはただのかさばる古いお金でも、ほしい人の手にわたるように手配すれば、あなたには現金が入りますし、コレクターの方はあなたのお手元の古銭を手に入れることができます。

これは、古銭の処分方法としては最適だとおもいませんか?このような、古銭の良い処分方法をご希望なら、古銭買取業者に相談してみましょう。上記リンク先には「古銭はどのように処分したらいいのか?」ということについての情報がまとめられていますので参考にしてみてくださいね。

  • Author: admin
  • Category: 処分