子供の時から集めていた古銭を売却しようとした物語

21 6月
0

小学生の頃に父に、この古銭を見てみな。そう言われたので見てみると、昭和26年の10円でギザギザがついていました。これをやるよ、集めるともしかしたら高値で売却できるかもな。私はその日から、古銭に興味を持ち集め始めました。
昭和64年に平成となり、こういう噂が聞こえてきました。昭和64年の小銭は、すぐに平成となったため出回っている量が少ないので、売却すればいい値段になるかもしれない。興味深いのでこちらも集めることにしました。
20歳になる頃には古銭が結構集まっていました。古い珍しい形の五円、ギザギザの10円、昭和64年の小銭達。ところが、ある疑問が頭の中に浮かびました。売却しようにもどこに買い取ってくれる店があるんだろう。当時はインターネットが普及する15年前で、情報入手は本屋の珍しそうな本で探すしか手はありませんでした。私の住む所が田舎だったのも大きな要因です。
やがて、インターネットが普及していきました。古銭を売却できる店もネットで知り、その店へ出向いてみて私の持っている古銭を見てもらいました。その結果は、どれも使用済みなため買取りできませんと言われました。
鑑定してもらえるまで長い時間がかかりましたが、このような結果となりました。薄々ですが、価値はないかもしれないと思っていたので後悔はしていません。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3509003.html

Add comments: